• 04-7122-3680

  • お問い合わせ

ブログ

カテゴリー:

キッコーマン工場見学

  • その他

一週間ほど前になりますが、40年ぶりぐらいにキッコーマンの工場見学をして参りました。キッコーマン食品野田工場の中にある「ものしりしょうゆ館」です。昔の七工場ですね。
まず初めに、キッコーマンの歴史やしょうゆ製造工程の映像を見ます。その後は、ガラス越しに実際にもろみが発酵し熟成していく様子が見られます。また、しょうゆを絞り出す作業場も見ることが出来ます。ただ、この工場ではボトル詰めは行っていないのでその様子は映像です。一周しますと元の入口に戻ってきます。ちょっとした食事をするところもあり、当然しょうゆも売っています。
いったん外に出ますが、御用蔵も工場内にあります。元々は江戸川沿いの確か四工場あったものを、平成23年に移築したそうです。こちらでは、宮内庁に納めるしょうゆを伝統的な製法で作っているそうです。概ね約1時間の見学です。この日も、何組かの方々や市外の小学生が見学していました。
日本人の食卓には欠かせない調味料ですが、現在、世界の100カ国以上で販売されていて、年々増える需要に応えて海外工場もつくられています。
小学生の時以来でしたので、懐かしい感じがしました。私は、フライものでもしょうゆを使いますので、しょうゆの無い食卓は考えられません。帰りには、あの頃はびん詰めのしょうゆでしたが、今はあの空気に触れない容器のしょうゆをお土産にもらって帰宅しました。

ページトップへ戻る