• 04-7122-3680

  • お問い合わせ

手元供養とは

手元供養について

近年、葬送事情が大きく変化しています。その背景には核家族化や高齢化、宗教離れなど社会環境の変化が主な原因として挙げられています。また、納骨方法も従来とは違い、近年から「手元供養」という新しい供養方法が注目されています。大切な故人を最も身近に感じることのできる手元供養は、今後もますます浸透していくでしょう。

大切な故人とのお別れは大変辛いものです。「亡くなった方をいつでも身近に感じていたい…」「近くで見守ってほしい…」と思うのがご遺族の本音だと思います。そんな孤独感や寂しさから開放されたいと願う方を少しでも癒すことができないかと考えられた方法が「手元供養」になります。

手元供養の利用例

手元供養には、そのまま遺骨や遺髪を入れて供養する「納骨型」と、遺骨や遺髪を加工して供養する「加工型」の2種類に分かれています。
故人の形見として、いつでも側に置いて持ち歩けるので、より故人を身近に感じることができるでしょう。

自宅に置くオブジェとして

ご遺骨が納められているとは思えないようなデザインで、ご自宅のなかに飾ることができます。デザイン性を高めたものも多く、陶器・漆器・ゴールド・シルバーなどの素材やカラーにこだわったタイプのご用意も可能です。お部屋の雰囲気にも馴染みやすく、オブジェとして大切に保管していただけます。お墓を建てて納骨することだけが供養ではありませんので、手元供養を通じて故人と向き合ってみてはいかがでしょうか。

いつでも持ち歩ける形見として

ご遺骨の一部を用いて、ペンダント・ブレスレット・指輪などのアクセサリーとして身につけることが可能です。大切な形見としていつでも身に着けられ、故人の存在をより身近に感じていただけます。アクセサリーとしてはもちろん、お守りとしてあなたのことを見守り、故人との想い出を忘れないためのアイテムになるはずです。

ペット供養

ペット供養に決まりはないため、骨壷や仏具を置いたり、写真を飾ったり、供養台や敷物を用意したりなど、お客様ご自身が納得のいく方法で供養してあげください。ペット用にデザインされた骨壷なら、遺骨を自宅で保管できる手元供養が可能です。ペットの安らかな眠りを祈り、大切な想い出を振り返られる場所にしましょう。

パーソナル仏壇

パーソナル仏壇は非常にコンパクトなつくりになっており、サイドテーブルや小さな家具などの上にもお仏壇を設置できます。マンション住まいの方や、台付き・床置きのお仏壇の設置が難しい方におすすめです。

ページトップへ戻る