• 04-7122-3680

  • お問い合わせ

ブログ

カテゴリー:

秋分の日

  • その他
 今年、2015年の秋分の日は9月23日。この秋分の日を挟んで前後3日の計7日間を「お彼岸」と呼びます。
仏教では、ご先祖様のいる世界を「彼岸」、いま私たちが生きているこの世界を「此岸」といい、「彼岸」は西に、「此岸」は東に位置するとされています。春分・秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈むので、彼岸と此岸が最も通じやすい日になると考えられています。そのためにこの時期に先祖供養をするようになり、国民の祝日となりました。
一般的に、お彼岸の中日の前後にお墓参りに行きます。生まれてきたことをご先祖様に感謝し、仏教(お釈迦様の教え)を少し勉強してみるのもいいと思います。

株)保志 「ひといき」より大部分抜粋

ページトップへ戻る