HOME > 用語集 > お盆

用語集

< お彼岸  |  一覧へ戻る  |  位号 >

お盆

お盆は正式には「盂蘭盆会」といいます。これはインドの言葉の一つ、サンスクリット語のウラバンナを漢字で音写したものです。おぼんのはじまりについては「盂蘭盆経」の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。それは、お釈迦様の弟子で、神通力一番とされている目連尊者が神通力で亡き母が餓鬼道に落ちて苦しんでいると知りました。どうしたら母親を救えるのかお釈迦様に教えを乞いますと、お前が多くの人に施しをすれば母親は救われると言われました。そこで、目連尊者は教えにしたがい、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられたというお話です。

それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習が加わったり、宗派による違いなどによって様々ですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています。多くの地方では、ご先祖様の霊を迎える精霊棚を13日の朝につくります。精霊棚は、盆棚ともいわれ、位牌を安置し、お供えをする棚です。

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の情として自然なことでしょう。新盆には親戚や縁者から盆提灯が送られます。


< お彼岸  |  一覧へ戻る  |  位号 >

このページのトップへ