HOME > 用語集 > 念珠

用語集

< 本尊  |  一覧へ戻る  |  仏具 >

念珠

念珠は数珠ともいい、もともとは念仏を唱える際に、何回唱えたかを数えるため、一声ごとに一玉づつ繰って用いました。

念珠の珠の数は、百八個が基本となっています。しかし、実際私たちが使っている珠の数は、百八以外にもいろいろな形式があります。

念珠を持つときは、両手を合わせ、人差し指と親指の間にかけます。普段手に持つとき左手に持ちます。

念珠は宗派によってその形が違ってきます。しかし、一般の人たちは、略式の片手用の念珠を使うことが多いようです。


< 本尊  |  一覧へ戻る  |  仏具 >

このページのトップへ